2015-01-19(Mon)

虹の橋へ

マックンを可愛がってくださった皆様へ

blogIMG_0576 2


マックンが煙となって虹の橋へ渡っていくのを見守ってきました。
平成27年1月2日に嘔吐をしはじめ(泡状の嘔吐だけで下痢はしてないんです)
翌日には急性膵炎と診断され入院し点滴治療を開始していただきました。
一進一退でしたが、回復に向かっていると思えていたのですが1月13日の朝、急遽しました。

急性膵炎は急変することがあるから楽観は出来ませんと獣医師に伝えられていても
まだ6歳になったばかりのマックンですもの、復活するに決まってるって
悪い方には考えようにしていました。
マックンも11日間一生懸命頑張ってくれていたのですが、
とうとう私達から離れていってしまいました・・・。

だけど、どうしてマックンが急性膵炎になってしまったのかな。
異食や暴食も憶えが無いし、全く兆候は無かったものの、
今思えばって思いつく限りの出来事を獣医師に伝えても、
「原因不明の病気なんです」と一貫して言ってくださいました。
今も自分を責めずにいられるのも獣医師の言葉は大きいです。

マックンは何事にも全力投球なテリアらしい男で、
何をするにも120%の力を発揮してました。
猪突猛進って言葉がピッタリで。
森のドッグランで走り回るマックンはまさに荒野の小悪魔だったし、
オヤツを必死に略奪するマックン。
オモチャを3つ咥えて見せびらかすマックン。
お散歩では、常にアンテナを張り巡らせていたマックン。
自転車やランナーを追っかけたくて(コントロール出来なくて)一緒に走ったね。
その興奮するマックンをみて、生き急いでるんじゃないかって心配になったっけ。
6歳にもなれば落ち着いてきてくれて、もっと良い関係が築けると期待していました。

ちょっぴり乱暴なマックンだったけれど、
誰よりも私に甘えるマックンが可愛くてたまらなかった。
それなのに、こんな病気になり突然いなくなってしまうことってあり得るんですね・・・。

マックンにとって悔いのない犬生だったと思うようにしています。
先代犬エディにしてあげられなかったことや、一緒にしたかったのに出来なかったことを
マックンとチャロとは、たくさん経験することが出来ました。
私がマックンを想って泣いているとチャロが寄り添ってきてくれます。
泣いていたってマックンは喜ばないよね、
今そばにいてくれるワンコを最大限に愛してあげてこそ喜んでくれるはず。
と、自分を奮い立たせています!

マックンを飼い始めてから、ノーフォークテリアという犬種について知りたくて、
ブログなどを通じて情報をかき集め、
勇気を振り絞ってマックンを連れて会いに行ったりと必死だったなぁ。
先輩ノーフォークの方にいろんな事を教わり、同世代の方とは共感しあえて、
後輩ノーフォークテリアには魅力的なキャラクターを伝えられてお役にたてたのなら嬉しいな。


突然の辛い体験ではありますが、私達にはチャロが居てくれて、
一緒に泣いてくれて励ましてくれる沢山のお友達がいてくれて本当に救われます。
マックンのことをこれまで可愛がってくださって本当にありがとうございました。
これからもチャロと飼い主を宜しくお願いいたします。


元旦の初日の出に行って、モエレ沼のお山を一気に駆け上がり駆け下りました。
6歳のお誕生日。とっても寒い日だったけど、元気いっぱいだったね。
Charo チャロ
Jack Russell Terrier ♂ 5.5kg 2010年1月6日生まれ
Barr バル
Border Terrier ♂ 8.4kg 2014年9月17日生まれ
プロフィール

まっくんくまくん

Author:まっくんくまくん
CharoとBarrと飼い主(2名)と旭川市在住。
'15年1月に6歳で天使ちゃんになったノーフォークテリアのまっくん ♂、'09年1月に5才で天使ちゃんになった ジャックラッセルテリア EDDIE!! ♀との思い出話も語らずにはいられません・・・。
ボチボチ更新しますので、たまに遊びに来てくださいね。

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
ようこそお越しくださいました!
簡易型犬の年齢計算機